GF001のコンセプトノート

店舗内装デザインを手がけるグリッドフレーム001の視点

どこかにある風景

どうしてもそこに行きたいと思う風景はある。まだ見ぬ、きっと、どこかにある風景だ。

・・・・・・・・・・

メディアが発達したことで、直接見たことはないかもしれないが、写真や映像では見たことのある風景が溢れている。

ぼくぐらいの歳になると、実際に見たか、見ていないかの境界も曖昧になっている。

写真を見て「ここ、行ってみたいなあ」という気持ちが湧いてくることはあまりないが、どうしてもそこに行きたいと思う風景はある。

それは、常に心の中にあり続ける。

まだ見ぬ、きっと、どこかにある風景だ。

でも、それをなかなかかたちにできなくて、近づいたり遠くなったり、を繰り返す。

音、色、匂い、手触り、スケール、密度、という物質的な部分と、

歴史、想い、つながり、という精神的な部分の、

双方の微細な質量に心を傾ける。

001@gridframe • 2018年7月21日


Previous Post